So-net無料ブログ作成
左文字進16 あらすじ ブログトップ

左文字進16のあらすじ [左文字進16 あらすじ]

左文字進16のあらすじ。
月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進16」は、
今夜21時05分からTBSで放送です。


●♪あらすじ♪●


ある夏の日、三河有希子(酒井美紀)はパラグライダーを楽しんでいた。
別の場所に、車で移動しようとしたら、知り合いの後藤千里(宝積有香)から車を運転させてくれと声を掛けられる。
しかし千里は運転を誤って、2人が乗った車は崖下に転落してしまった。
気が付くと、千里は死亡していたが、有希子は奇跡的に無傷で助かったらしい。
有希子は途方に暮れるが、生前の千里との会話を思い出す。
千里は親の莫大な遺産を相続したが、身内は妹だけで幼い頃に生き別れて以来会っていないと言っていた。
有希子も天涯孤独の身で、急な派遣切りで職を失ったばかりだった。
自分が千里として生きていけば莫大な資産は自分のものになるのでは?と、有希子は考える・・・。
数日後、投資詐欺の犯人探しの依頼を受けた探偵の左文字進(水谷豊)は、石崎慎也(高杉亘)という男を追って新興住宅地にいた。
すると後藤という表札がかかった家から有希子が出てくる。
実は左文字は事故が起きた日、パラグライダー場で有希子と会話をしていたのだ。
その時、お互いに名乗らなかったことを理由に、言葉巧みに有希子の家に入り込む左文字。
左文字は詐欺師・石崎が有希子の家を物色している姿を目撃していたのだ。
左文字は、石崎が資産目当てに、有希子に接触するだろうと予測し、有希子の元に足しげく通う。
一方、有希子には大問題が発生していた。
千里の妹・由梨(藤澤恵麻)が家を訪ねてきたのだ!
千里の唯一の肉親だという由梨に、自分が他人だとバレるわけにはいかない。
自分を千里だと思い込んでいる探偵の左文字も何度も自分を訪ねてやって来る。
有希子は必死で千里を演じ続けた。
数日後、左文字はいつものように有希子の元を訪れると、そこに由梨が婚約者を紹介したい、と石崎を連れて来た。


Cast・・・水谷豊/酒井美紀/藤澤恵麻 /高杉亘 /山村紅葉/西田健/伊東孝明/宝積有香/戸田恵子/布施博



*☆★☆*-楽天トラベル-*☆★☆*





nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
左文字進16 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。