So-net無料ブログ作成
検索選択
警視庁南平班 七人の刑事6 あらすじ ブログトップ

警視庁南平班 七人の刑事6のあらすじ [警視庁南平班 七人の刑事6 あらすじ]

月曜ゴールデン「警視庁南平班 七人の刑事6」のあらすじです。

『警視庁南平班~七人の刑事~6』(TBS)は、今夜21:00からです。


◆ストーリー◆


東京のとある公園で弁護士・倉西聡司(磯崎竜一)の死体が発見された。
倉西は殺される直前に、黒いヘルメットを被った男に付けられていると、110番に助けを求めていた。
その通報受け、警察官が急行すると、倉西はすでに殺害されていた。
警視庁南平班の南部平蔵(村上弘明)と、南平班の面々による捜査が開始される。
南部は倉西の頭髪に置かれた櫛が気に掛かった。
事件を聞きつけ、倉西が顧問弁護士を務めているビューティーサロンの代表・瀬尾レイカ(佐藤藍子)とその部下・中込昌也(新田純一)も現場に到着するが、犯人には心当たりはないと答える。
出張中の細谷玲子刑事に代わって南平班に加わった大澤亜希子(斎藤陽子)の調べによると、サロン拡大を企むレイカの強引な手法が何度か問題になり、その度に倉西が処理していたことが判明。
そんな矢先、中込も黒いヘルメットの男に付けられていると南部の携帯電話に助けを求めてきた。
しかしその直後に通話が途切れて、中込は撲殺されて発見された。
そして頭髪にはまたも櫛が置かれていた・・・。
この櫛が長野県の木曽近辺の特産品だと判明し、レイカが木曽出身で、しかも高校の同級生だったことを手掛かりに、南部と高村六郎(鈴木一真)は木曽へと向かった。
三人を知る高校の教師、田原世津子(長谷直美)は、三人と東京でフリーライターをしている白井高雄(小林正寛)が同期だったと語る。
更に、記念文集の為に白井が寄稿した文章に、18年前に恋人を殺害された恨みを忘れない、と綴られていたと打ち明ける。
一方、南部と高村は18年前に新庄京子(高部あい)という若い女性がバイクの事故で死亡していたことを知る。
京子は当時、レイカの父親が経営する土産物店で働いていて、京子は店の金を盗んだ疑いをかけられていたことも判明する。
南部は、京子が白井の恋人で、京子が倉西と中込に殺害されたことを知った白井が、復讐に二人を殺害したのではないか?と推理するが・・・。


Cast⇒村上弘明、鈴木一真、火野正平、岡田奈々、永倉大輔、前田健、藤沢大悟、佐藤藍子、長谷直美、斎藤陽子、小林正寛、神尾佑、中丸新将、新田純一、磯崎竜一、高部あい、他



▼▽2013年春休み&ゴールデンウィーク特集▽▼




nice!(0) 
警視庁南平班 七人の刑事6 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。