So-net無料ブログ作成
検索選択
女信長 あらすじ ブログトップ

女信長のあらすじ [女信長 あらすじ]

二夜連続スペシャルドラマ『女信長』(フジテレビ)のあらすじ。

放送日▼
第一夜・・・4月5日(金)21時00分~23時12分
第二夜・・・4月6日(土)21時00分~23時30分

主演は天海祐希さん。
原作は、佐藤賢一さんの「女信長」。


第一夜のあらすじ。。。。。

織田信長(天海祐希)は、永禄3年5月19日の未明、柴田勝家(中村獅童)らに出陣を命じる。
目前まで迫って来ていた今川義元(三谷幸喜)の軍勢は5万。
対する織田軍はわずか2千。
今川軍の虚を突いた出陣だった。
木下藤吉郎(伊勢谷友介)らを使って、油断させての奇襲で、今川軍は混迷を極め、今川自身も信長に討ち取られる。
「桶狭間の戦い」と呼ばれるこの戦いで、織田信長の名は一躍有名になる。
だが、信長には大きな秘密があったのだ。

天文3年5月、土田御前(高畑淳子)が授かった子は女子。
側室がもうけた男子が嫡男になることを恐れた御前は、その女子を男子として育てることを決意する。
その女子こそが、のちの信長だったのだ。
父・信秀(西田敏行)がその事実を知ったのは、信長が織田家嫡男と世に知れ渡った後のことだった。


第二夜のあらすじ。。。。。

女として生まれながらも嫡男として育てられた織田信長は越前朝倉家へと攻め入る。
しかし、同盟関係にあった浅井長政(玉山鉄二)の裏切りで、撤退を余儀なくされる。
撤退中、織田信長は、敵に回った長政が信長が女であるという秘密を天下に知らしめてしまうのではないかという信長としての恐怖と愛する男に裏切られたという御長としての悲しみに心を乱されていた。
信長は命からがらで岐阜へ戻った。
信長は正室・御濃(小雪)から、長政が名声を獲得するためには強い男の信長に勝ったという事実が必要なため、秘密は漏れない筈だと助言する。


出演者・・・天海祐希、内野聖陽、小雪、伊勢谷友介、長澤まさみ、玉山鉄二、佐藤二朗、鈴木一真、賀来賢人、満島真之介、山路和弘、山下真司、三谷幸喜、鈴木福、吹越満、竹内力、平泉成、高畑淳子、中村獅童、藤木直人、佐藤浩市、西田敏行、ほか




◆***◇2013年春休み&ゴールデンウィーク特集◇***◆





nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
女信長 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。