So-net無料ブログ作成
検索選択
刑事吉永誠一 涙の事件簿11 あらすじ ブログトップ

刑事吉永誠一 涙の事件簿11のあらすじ [刑事吉永誠一 涙の事件簿11 あらすじ]

水曜ミステリー9「刑事吉永誠一 涙の事件簿11」の、あらすじ。。。

「刑事吉永誠一 涙の事件簿11 赤い遺産」は、
テレビ東京で4/3の、21時から放送。


★ストーリー★


誘拐事件が発生する!
誘拐されたのは、金融会社を経営している赤沢商事の社長・赤沢宣良(田村亮)。
夜8時頃に帰宅した娘・雪乃(井村空美)のもとに、赤沢本人の携帯から「5千万円用意しろ」という脅迫メールが届いたという。
その後は赤沢とは連絡が取れず、身を案じた赤沢の秘書・塩見(阿部力)が警察に通報して事件が発覚。
同じメールを受け取った妻・佐智枝(藤田朋子)も帰宅。
その後、携帯電話の通信記録から、脅迫メールが送られてきた時点では横浜スタジアム付近に赤沢がいたことまでは特定されるが、依然としてその行方はわからないままだ。
そこで、神奈川県警捜査一課の刑事・吉永(船越英一郎)は、部下の小沢(林泰文)らと一緒に、最近赤沢商事とトラブルになっていた取引先を張り込むなどして、足取りを掴もうとする。
次の日の朝、赤沢の車が大型商業施設の駐車場で発見された。
犯人が警察側の動きを探るための罠の可能性もあったが、トランクからコートの端のようなものが出ていたことから、班長の片山(眞野あずさ)は赤沢の安否確認を優先して、吉永に車をあらためるよう指示する。
しかし、車内から赤沢は発見されなかった。
間も無く、佐智枝、雪乃の携帯に犯人から「警察に通報したから赤沢を殺した」とのメールが届く。
そして、宅地造成地の一角から赤沢が遺体となって発見されてしまう。
赤沢は体を粘着テープで縛られていた上に、側に落ちていた石で頭部を激しく殴られて殺害されていた。
現場に駆けつけた吉永は、赤沢の右手親指が微かに赤くなっていることに気付く。
鑑識の結果、赤沢は犯人が脅迫メールを送ってからすぐの昨夜8時から10時の間にすでに殺害されていて、
右手の親指が赤かった原因は、朱肉であることが判明する。
その後の捜査の結果、赤沢は実の息子・良樹(尾上寛之)からお金を貸して欲しいと脅迫されていたことや、赤沢の愛人・則竹昌代(友倉由美子)が赤沢家に乗り込んできたことから、赤沢が遺書を遺していたことなどが判明する。
弁護士の立会いのもと、遺書を開封すると、2通の遺書が存在し、そのうちの1通は佐智枝と雪乃に財産を相続すると書かれていたが、もう1通には昌代に財産の半分を遺贈すると書かれていて、拇印が押してあった。
一連の事件は、遺産目当ての昌代がやったものなのか?と、疑惑の目が昌代に向けられる。


CAST▼
船越英一郎、中山忍、眞野あずさ、田村亮、藤田朋子、阿部力、林泰文、山田純大、松尾諭、河西健司、井村空美、螢雪次朗、尾上寛之、小須田康人、友倉由美子


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
刑事吉永誠一 涙の事件簿11 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。