So-net無料ブログ作成
母。わが子へ あらすじ ブログトップ

母。わが子へ あらすじ [母。わが子へ あらすじ]

TBS・春のドラマ特別企画「母。わが子へ」の、
あらすじをチェックです。

放送日時・・・2013年3月31日(日)/21時00分~22時48分


■あらすじ


郷里で秀才ともてはやされたのは遠い昔・・・。
門間崇史(仲村トオル)は、40歳を過ぎ、住宅関連企業での出世も叶わない。
妻・燎子(紺野まひる )は、子育てに協力しない夫に愛想をつかし、息子と一緒に実家に帰ってしまった。
一方、崇史の母・千勢(八千草薫 )は、東日本大震災で宮城の家を失い、抗がん剤の副作用に苦しみながら、関東に住む崇史の家の近くで入院している。
末期がんを確信した千勢の気掛かりは、音信不通の次男・拓海(玉山鉄二)のことだった。
拓海は現在、秋葉原でアイドルイベントを主催しながら、苦しい生活を凌いでいる。
出来の悪い弟の尻ぬぐいをしてきた崇史は、母の愛情を一身に受けてきた拓海に複雑な感情を抱いていた。
東北で生まれ育ち、性格も暮らしぶりも違う兄弟が、母の病気をきっかけに再会・・・。
余命わずかな母の願いで、家族はキャンピングカーを借りて、松島を目指す。
松島は、父親を早くに亡くした彼らが、唯一家族旅行をした思い出の場所だ。
北上する道中、一向は雛(朝倉あき)という、妊娠している若い女性を拾う。
雛は幼い頃、母から虐待を受け、子どもの父親にも逃げられるなど、幸せな家庭とは程遠い女性だった。
様々な人々との出逢いと広がる被災地の光景・・・。
母と兄弟、そして雛。それぞれの想いを胸に旅を続けるが・・・。


Cast⇒仲村 トオル、八千草薫、玉山鉄二、紺野まひる、朝倉あき、ほか


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
母。わが子へ あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。