So-net無料ブログ作成
検索選択
みちのく麺食い記者 宮沢賢一郎2 あらすじ ブログトップ

みちのく麺食い記者 宮沢賢一郎2のあらすじ [みちのく麺食い記者 宮沢賢一郎2 あらすじ]

「みちのく麺食い記者 宮沢賢一郎2」のストーリー(あらすじ)。
テレビ東京の水曜ミステリー9で、2/27の21時からです。

主演は、髙島政宏さん。


○○あらすじ○○


スーパーを経営している草野重二(滝澤晴幸)の遺体が、東京都内の公園で発見された。
現場の状況から、犯行は偶発的なものだと見られたが、草野は現場に「8」というダイイングメッセージを書き遺していた。
その頃、かなりの麺通故に「麺食い記者」と呼ばれている大和新聞の記者・宮沢賢一郎(髙島政宏)が、弘前支社に臨時赴任してきた。
折しも弘前では、常盤パネルの弘前工場で殺人事件が発生し、宮沢は現場に急行する。
殺された被害者は、常盤パネルの人事課長・浜田(佐藤誓)。
先に現場で取材していた大和新聞の女性記者・青山(高部あい)は、浜田が鋭利な物で刺されて死亡したという情報しか得られず苦戦する。
だが、宮沢は麺食い仲間の救急隊員から、血だまりの中に「喫茶ともえ」という店のマッチが落ちていたとの情報を得る。
その頃、宮沢と旧知の仲の警視庁捜査二課・管理官・田名部(渡辺いっけい)も弘前に来ていた。
捜査二課は遠山聡志(礼保)の協力で、ある企業の不正を暴くことに成功していて、裁判でも証言をしてもらうように聡志に頼みにやって来たのだ。
そこで田名部は聡志の職場で殺人事件があったと聞かされる。
その後、宮沢は、浜田の趣味がスコップ三味線だったことを青山から聞き、手掛かりを求めてスコップ三味線快館へと向かった。
すると、東京で殺された、草野と浜田が、津軽三味線協会で繋がっていたことが判明。
更に宮沢は、「喫茶ともえ」が東京にあることを掴む。
そして、「喫茶ともえ」が入っているビルの名前「エイトビル」が、草野が遺したダイイングメッセージ「8」と一致することに気づく。
その頃、合同捜査本部では事件の日の夜に、夜間勤務をしていた男性従業員を割り出して、その中の一人・聡志に事情を聞くことになった。
すると、聡志は刑事たちの姿を見るなり逃走して、聡志は身柄を取り押さえられて、事情聴取を受けることに・・・。
しかし、何故か聡志は犯行について肯定も否認もせず完黙を貫く。
捜査本部は、現場に落ちていた「喫茶ともえ」のマッチの指紋が聡志のと一致したことから、犯行は聡志によるものとみて、下足痕の鑑定を急ぐ。
だが、聡志に捜査協力を仰いでいた管理官・田名部は、聡志が何故沈黙を続けるのかが気になり、宮沢と一緒に三味線名人と言われた聡志の祖父・遠山流海のことを調べる為、奥津軽へと向かう。
すると、殺害された浜田も、遠山流海や聡志の父・流仁のことを調べていたことが判明する!


Cast・・・髙嶋政宏/渡辺いっけい/遠藤久美子/高部あい/礼保/池田努/中本賢/河野洋一郎/前田倫良/佐藤誓/小柳友貴美/宮田早苗/橋爪淳/山口美也子/笹野高史


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
みちのく麺食い記者 宮沢賢一郎2 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。