So-net無料ブログ作成
検索選択
リバース 警視庁捜査一課チームZ あらすじ ブログトップ

リバース 警視庁捜査一課チームZのあらすじ [リバース 警視庁捜査一課チームZ あらすじ]

金曜ロードSHOW!『特別ドラマ企画 リバース~警視庁捜査一課チームZ』のあらすじをチェック!!!
放送日は、4月5日(金)の21時00分~22時54分。
日本テレビで放送。
主演は、松坂桃李さん。


♪・・・♪ストーリー♪・・・♪


新人刑事・江上亨(松坂桃李)は、念願の警視庁刑事部捜査一課チームZに配属された。
チームZとは、近年増える一方の未解決事件をゼロにすることを目標にして新設された特殊部隊だ。
刑事部長・石崎左門(鶴見辰吾)の直轄部署として特命捜査活動が許されていた。
江上は、初出勤の日に、偶然、中学時代の恩師・相沢(世良正則)と出会い、声を掛けられる。
張り切る江上に相沢は「しょっぱなから飛ばし過ぎるな」とアドバイスする。
チームZに集められたメンバーは、個性派の刑事ばかりで、東大法学部主席卒業のエリートで武術の達人のキャップ・戸口雄平(池内博之)、現場一筋で叩き上げの三島治夫(六平直政)、発明が趣味で捜査機器を自作する小早川稔(満島真之介)、犯罪心理のエキスパート・玲子(笛木優子)らがいる。
皆、好き勝手なことをしていて江上のことを相手にしない。
そして更にもう一人のメンバー・佐野希(杏)は、江上の幼馴染で、江上と希は、中学以来10年ぶりの再会だった。
そんな中チームZは、連続企業恐喝事件の捜査に参加する。
大手食品会社・大日本フード製の食品に相次いで小型爆弾が仕掛けられ、“ばくだん星人”と名乗る犯人から脅迫文が送られてきたのだ。
犯人は「日本国民1億3千万人を誘拐した。いつでもどこでも好きな人間を殺すことができる」と挑発。
指定した2ヵ所に、それぞれ現金1億5千万円、合計3億円を持ってくるようにと指示する。
指定場所と時間は、午前10時に新宿歌舞伎町のネットカフェの1室と、午後3時に府中駅周辺のコインロッカーの中だった。
そして、脅迫文の最後には“e4411”という謎の文字が書かれていて、江上はその“e4411”が一体何なのか、気になって仕方ない。
チームZは、石崎の指揮下で捜査開始し、各メンバーがそれぞれの特技を生かして動き始める。
仕掛けられた爆弾は手製と判明する。
大日本フードは、過去にインサイダー取引や原材料の賞味期限操作などの不正を行っていた疑惑があって、犯人の動機は会社への復讐の可能性が考えられた。
希は、大日本フードの社員になりすまして身代金の運搬役を務めることになった。
江上も同行し、二人は、第一の指定場所に向かう。
ネットカフェという閉鎖された空間なので犯人の確保は容易だと思われたが、江上と希は、犯人の意外な行動に翻弄される。
その後、捜査は難航する。
そして事件は意外な展開に!!!


出演者・・・松坂桃李、杏、池内博之、笛木優子、六平直政、満島真之介、鶴見辰吾、鈴木浩介、相島一之、原田夏希、竹富聖花、神尾佑、篠塚勝、笹野高史、世良公則、ほか・・・



nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
リバース 警視庁捜査一課チームZ あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。