So-net無料ブログ作成
松本清張 寒流 あらすじ ブログトップ

松本清張 ドラマ・寒流のあらすじ [松本清張 寒流 あらすじ]

松本清張 ドラマ・寒流のあらすじ。
TBS・月曜ゴールデン「松本清張没後20年特別企画『寒流』~黒い画集より」の、放送日は、1月14日(月)21時00分~22時54分。

主演は、椎名桔平さん。

〓ストーリー〓

新都銀行池袋支店の新支店長・沖野一郎(椎名桔平)は、あいさつ回りで、料亭の女将・奈美(芦名星)と知り合う。
奈美は30歳そこそこながら、立派な経営者で絶世の美女で、おまけに未亡人だ。
沖野はひと目で心を奪われてしまう。
沖野は、奈美の期待に応えるべく、料亭増築に必要な融資をゴリ押しする。
そして、彼女の元に足しげく通い、次第に距離を縮めていく・・・。
奈美との不倫関係が進展していく一方で、妻・蓉子(有森也実)との関係は冷え切っていた。
蓉子の父親からは、早く子どもを作れと言われているが、日頃からの激務でそれもままならない。
この状況に、蓉子も心身ともに疲れ果てていた。
沖野は更に奈美にのめり込んでいく・・・。
ある日、沖野の元に、桑山(石黒賢)がやって来た。
桑山は沖野と大学の同期だが、新都銀行の常務だ。
出世の為に、頭取の娘婿になりながらも、女性の影が絶えず、沖野も幾度となく後処理に借り出されていた。
そんなとき、奈美が融資の相談に来たと報告があった。
桑山が奈美に興味を示したので、沖野は仕方なく奈美に桑山を引き合わせる。
数日後、再び沖野の元へやって来た桑山は、奈美と3人で熱海へドライブに行こうと持ち掛ける。
次の日、熱海の高級旅館にやって来た桑山は沖野の目の前で奈美を口説く・・・。
それ以来、奈美は沖野の電話に出ず、会うことも出来ない。
そんな沖野に追い討ちをかけるように不幸が続く。
妻の蓉子が救急車で運ばれ、自らも群馬の支店への異動辞令が出たのだ。
異動は明らかに桑山による左遷で、失意のどん底で沖野は伊牟田(笹野高史)という探偵や、群馬で知り合った総会屋・福光(中尾彬)の手を借りて、桑山と奈美への復讐を誓うのだった・・・。


出演者・・・椎名桔平、芦名星、有森也実、 中尾彬、笹野高史、石黒賢、ほか


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
松本清張 寒流 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。