So-net無料ブログ作成
検索選択
鬼平犯科帳スペシャル 泥鰌の和助始末 あらすじ ブログトップ

鬼平犯科帳スペシャル 泥鰌の和助始末のあらすじ [鬼平犯科帳スペシャル 泥鰌の和助始末 あらすじ]

鬼平犯科帳スペシャル 泥鰌の和助始末のあらすじ。。。
フジの金曜プレステージ「新春大型時代劇鬼平犯科帳スペシャル~泥鰌の和助始末~」は、今夜21時からです。

〓あらすじ〓

腕の良い大工だった和助(石橋蓮司)は、盗賊の惣七(寺島進)と惣七の手下・鎌太郎(吉見一豊)に、「お盗め」の相談を持ち掛ける。
鎌太郎は、”お盗め”の予定を明らかにしない和助に、腹立ちを覚えるが、惣七はこれを了承する。
和助は、恩義のある親方が亡くなった後に、徳次郎(福士誠治)を引き取って育てていた。
徳次郎は、おみね(酒井美紀)という女性と知り合って、やがて深い仲になった。
おみねは、幼少の頃に惣七にさらわれた過去を打ち明けて、徳次郎と一緒に江戸を離れたいと話す。
その頃、惣七の不穏な動きを不審に思った五郎蔵(綿引勝彦)は、平蔵(中村吉右衛門)に報告する。
おまさ(梶芽衣子)からは、徳次郎が入れあげているおみねは、なんと実は惣七の妻だという話も出る。
その後も、平蔵たちは、惣七の動きに注目。
そして、和助の存在に気付く。
平蔵は、惣七の名前に聞き覚えが無かったが、和助と聞いて30年前のある出来事を思い出す・・・。
平蔵と和助の30年前の因縁とは一体?
そして、5年前に盗賊を辞めた和助が、惣七と一緒に再び「お盗め」をしようと思った訳とは一体?


出演者▼
中村吉右衛門、多岐川裕美、梶芽衣子、蟹江敬三、勝野洋、中村又五郎、尾美としのり、酒井美紀、寺島進、石橋蓮司、中村敦夫、他・・・


nice!(0) 
鬼平犯科帳スペシャル 泥鰌の和助始末 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。