So-net無料ブログ作成
検索選択
松本清張 事故 黒い画集 あらすじ ブログトップ

松本清張没後20年特別企画・事故 黒い画集のあらすじ [松本清張 事故 黒い画集 あらすじ]

松本清張没後20年特別企画「事故~黒い画集~」の、気になるあらすじをチェックします。
テレビ東京の水曜ミステリー9枠で、放送日は、今日12月12日(水)の21:00~。
主演は、高橋克実さん。

●○●あらすじ●○●

高田京太郎(高橋克実)は、東京の下町で妻の育代(原日出子)と一緒に、小さな運送会社を切り盛りしていた。
ある日、従業員がある晩、交通事故を起こしたとの連絡が入ってきた。
高田と育代が特に目をかけていた宮下健次(斉藤祥太)が運転するトラックが、住宅街で民家の門に突っ込んだという。
次の日、高田がその家に住む山西勝子(野村真美)の元へ謝罪に行くと、勝子は怒るどころか、事故を起こした宮下のことを気遣い、補償も修理費だけでいいという。
夜になり、大阪の出張から帰ってきた勝子の夫・山西省三(近江谷太朗)の対応も同じで、高田はそんな勝子と省三に感激する。

事故から5日後、高田は同僚の佐々(松江健)を同乗させるという条件付きで、宮下を仕事に復帰させた。
だが、佐々から真夜中に電話があり、宮下が山梨県・小淵沢のドライブインでこつ然と姿を消してしまったというのだ。
深夜の1時半頃に、小淵沢のドライブインに着いたが、宮下が電話を掛けたいというので、自分だけ先に建物に入ったところ、そこから宮下の行方がわからなくなってしまったという。
次の日の朝、小淵沢の崖下から宮下の遺体が発見された。
高田は、身元確認のために小淵沢に行き、小淵沢中央署の刑事・中瀬(松澤一之)から、宮下は殺害された可能性があると聞かされる。
現場からは宮下の携帯は発見されなかった。

宮下の事件の次の日、甲府近郊の和田峠で、浜口久子(山下容莉枝)の遺体が発見された。
所持品の中にあった名刺から、久子が「永福探偵社」の調査員だと判明する。
甲府中央署の刑事・六条(大杉漣)は、永福探偵社の社長・田中(近藤芳正)を訪ね、話を聞くと、久子は最近、「光輪土木」の専務・高橋太郎(伊藤正之)の不倫調査を担当していたことがわかった。
六条は、久子が高橋と何らかのトラブルになったと推測して、高橋に事情を聞くが、高橋は自分が素行調査をされていたことに全く気づいていなかった。
しかも高橋は、久子の自分の行動に関する調査報告書に、数箇所虚偽の内容があると指摘。

その頃、宮下の事件では、事件の日の夜に宮下が途中で2回ほど停車していたことが判明。
いずれも2、3分で、荷崩れの確認をしていたと同乗者の佐々に話していた。だが、それを聞いた高田は、その夜、宮下たちのトラックは荷崩れを起こすようなものは何も積んでいなかったので腑に落ちないものを感じる。
更に、高田は、宮下が起こした追突事故について、現場になった住宅街にはどうやっても通る場所ではなかったことに思い至る。
高田は、事件の日の夜の宮下の足取りを洗い直すと、宮下が1回目に車を停車させた場所の近くから、久子の携帯電話が発見された。
高田は、その携帯を通じて久子の妹・亜紀子(京野ことみ)と知り合い、2人で独自に事件を調べ始めるが・・・?


出演者⇒高橋克実、京野ことみ、原日出子、近藤芳正、野村真美、大杉漣、山下容莉枝、斉藤祥太、近江谷太朗、伊藤正之、松澤一之、坂本真、阿部亮平・・・他


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
松本清張 事故 黒い画集 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。