So-net無料ブログ作成
監察医 篠宮葉月 死体は語る12 あらすじ ブログトップ

監察医 篠宮葉月 死体は語る12のあらすじ [監察医 篠宮葉月 死体は語る12 あらすじ]

水曜ミステリー9「監察医 篠宮葉月 死体は語る12」の、ストーリー(あらすじ)です。
11/28の夜21時からテレビ東京で放送予定です。

■あらすじ■

ある日、信用金庫の支店長・今田昭義(大鷹明良)が、刺殺体で発見された。
解剖を担当した、関東監察医務院の監察医・篠宮葉月(高島礼子)は、今田は犯人に心臓を真正面から刺されているのに、普通は腕にあるべき筈の防御創が一切無いという不審な点を発見する。
警視庁捜査一課の風間(細川茂樹)と、所轄の荒川西署の刑事・中森(松尾諭)は、今田は何故、防御しなかったのかと疑問を抱く。
今田の所持品の中にあった手帳には、事件当日の欄に、何故か星印が書き込まれていた。
捜査の結果、同じ信用金庫で5年前にも職員の津島孝雄(森渉)が、同僚で恋人だった佐山美奈子(遠藤久美子)に殺害されるという事件が起こっていて、しかも、事件後、津島が信用金庫から2億円を横領していたことが発覚したが、その金の行方は今も不明のままだった。
今田の元愛人・青山由美子(入絵加奈子)の証言で、半年前に今田が由美子に手切れ金として3000万円もの大金を渡していたことがわかり、風間は5年前の横領事件に、当時津島の直属の上司だった今田も関係しているのでは?と推理する。
風間は美奈子の実家を訪ねることに。
すると、父の洋一(佐藤B作)に、美奈子は今田が殺害された当日に、5年の服役を終え出所していると聞かされる。
美奈子の出所と今回の事件は関係しているのだろうか?
風間は5年前の事件を洗い直し始める。
5年前、事件の捜査は江東署の刑事・益岡(永島敏行)が指揮を取り、葉月行きつけの”キッチンコントワール”のマスター・三上(西田健)が鑑識として遺留品検査を、葉月の大学時代の恩師・鈴木(藤田宗久)が解剖を担当していた。
風間は、益岡から事件を掘り返すなというプレッシャーを受けるが、葉月に5年前に鈴木が書いた解剖所見を見直すよう依頼する。
だがその矢先、鈴木が刺殺体となって発見されるっ!!!


Cast⇒高島礼子、細川茂樹、遠藤久美子、永島敏行、佐藤B作、金田明夫、六平直政、西田健、北川弘美、浅利陽介、松尾諭、山口翔悟、藤田宗久、入絵加奈子、大鷹明良


nice!(0) 
監察医 篠宮葉月 死体は語る12 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。