So-net無料ブログ作成
検索選択
火災調査官 紅蓮次郎13 あらすじ ブログトップ

火災調査官 紅蓮次郎13のあらすじ [火災調査官 紅蓮次郎13 あらすじ]

「火災調査官 紅蓮次郎13」のあらすじ。。。
土曜ワイド劇場・35周年特別企画。
テレビ朝日で、11月10日の21:00から放送の予定。

■■■ ストーリー ■■■

神奈川県美津原市消防署・火災調査官の紅蓮次郎(船越英一郎)は、数年前に妻を亡くし、一人息子の俊介は北海道の大学に進学し、現在は、アメリカ育ちの姪っ子・キャロライン泉(葵わかな)と同居中だ。

ある日の夜、紅の携帯電話に火災発生の連絡が入り、その火元が、殉職した元部下の鳴海一郎(筒井巧)の妻・容子(杉田かおる)が勤務しているレストラン”渚亭”だと知って紅は驚く。
紅は現場に急行し、容子と渚亭のオーナー・須藤みゆき(古村比呂)と、みゆきの娘・茜(上原美佐)たちが、呆然と炎を見ている姿を見て、心を痛める。
渚亭は、火災で大切な人を失った2つの家族が寄り添うように営んできた店だったからだ。
12年前、みゆきたち一家が暮らしていたマンションで、火災が発生し、紅は小隊長として現場に出動し、当時中学生だった茜が逃げ遅れて、茜を助けるために部下の消防士・鳴海が殉職してしまったという事故があった。
容子は、鳴海と前妻との息子・拓馬(中島広稀)を抱えて途方に暮れていたところ、鳴海に茜の命を助けてもらったみゆきが容子に声を掛け、みゆきの夫が残したレストランで働かないかと容子を誘い、それ以来、一緒に渚亭を切り盛りしてきた。

しかし、なんと渚亭の焼け跡から、男性の刺殺体が発見された!
殺された被害者は結婚詐欺師の西岡牧夫(松田賢二)。
みゆきも容子も知らない男だと証言。
何故、結婚詐欺師が閉店後の渚亭で殺害されていたのか・・・。

紅は、火災現場を調査した際、発火しやすいように布を詰めた怪しいコンセントを発見し、熱帯魚の水槽を利用した発火トリックに気づく!
その水槽を管理していたのが容子で、しかも凶器のナイフに容子の血痕が付着していたことも判明する。
紅は、誰よりも火災の恐ろしさを知っている人間が放火をする筈が無いと容子を庇う。
しかし、灰田警部(マギー)は、容子が西岡を殺害し、店に火をつけたと疑う。
更に、その直後、容子が西岡に騙され、詐欺に遭っていたことが発覚し、灰田は容子の逮捕状を請求する。
紅は容子の無実を証明する為、部下の白井勇一(河相我聞)と共に、事件を調べ始める。

その頃、茜の夫で小説家の三村大介(湯江健幸)は、以前から渚亭に立ち退きを迫っていた大家・飯塚浩介(つまみ枝豆)とその妻・美佐(谷川清美)夫婦を真犯人だと思い、独自の調査を始めていた。
とある理由で紅に反発する拓馬も大介と行動を共にする。
しかし、次々と悲しい事件が起こり・・・。


Cast▽
船越英一郎・河相我聞・杉田かおる・古村比呂・上原美佐・マギー・山下容莉枝・湯江健幸・松田賢二・平泉成


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
火災調査官 紅蓮次郎13 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。