So-net無料ブログ作成
松本清張 ドラマ 疑惑 あらすじ ブログトップ

松本清張ドラマ・疑惑のあらすじ [松本清張 ドラマ 疑惑 あらすじ]

金曜プレステージ・松本清張没後20年特別企画のドラマ「疑惑」の、ストーリー(あらすじ)をチェックです。
松本清張没後20年特別企画第3弾です。

放送日・・・2012年11月9日(金)/21時00分~23時17分/フジテレビ

常盤貴子さん&尾野真千子さんのW主演。

◇◆・・・◆◇あらすじ◇◆・・・◆◇

ある嵐の日の夜・・・猛烈な速度で一台の外車が港に入ってくる。
車のスピードを緩めることを無く、突き進む。
そして、そのまま岸壁を乗り越えて、海の中に消えていった。
しばらくすると、1人の女が海面に浮かんでくる・・・。
その女の名前は、白河球磨子(尾野真千子)。
旧姓は鬼塚で、新潟で老舗の鍛冶屋”しらかわや”を経営している社長で、夫の白河福太郎(柄本明)と結婚して間もない後妻だった。
球磨子は必死に海を泳いで、岸壁まで辿り着いた・・・。
そして、生きている実感を噛み締める様に、球磨子は絶叫した。

次の日の朝、現場検証に立ち会った越後警察署の岩瀬厚一郞警部補(松重豊)の目の前で、フロントガラスが割れた車が引き揚げられた。
その車内には、福太郎の遺体があった・・・。
助手席にはスパナと靴が残されていた。
そして、事件の目撃者、藤原好郎(田中幸太朗)も見つかる。
藤原によれば、車を運転していたのは球磨子らしいことが判明し、更に、球磨子にはいくつかの前科があった。
次第にマスコミが、この事故は保険金殺人ではないかと騒ぎ立てる。

その頃、東京で弁護士をしている佐原千鶴(常盤貴子)は、先輩弁護士の原山正雄(竜雷太)に呼び出され、新潟に向かう。
千鶴は東京で住んでいたアパートの家賃を滞納するたびに、原山に助けてもらっていて、原山の弁護士事務所の仕事を手伝いながら、原山の家に居候することになったのだ。

しばらくして、有力な物的証拠と証言が集まり、球磨子は夫・福太郎殺人容疑で逮捕された。
そして、西新潟拘置所に勾留される。
そんなとき、原山が自宅で足を骨折してしまって、原山がやるはずだった球磨子の弁護を、千鶴が急遽担当することに・・・。

誰もが、球磨子による保険金殺人で福太郎を殺害したのは球磨子でクロ確定と見られている、”鬼クマ裁判”が始まる!

果たして、事件の真相は!?


出演者・・・常盤貴子、尾野真千子、竜雷太、柄本明、松重豊、西田尚美、近藤芳正、田中幸太朗



第3弾ですね。
ちなみに、第1弾は2012年4月3日に放送された「市長死す」(反町隆史さん・木村多江さん出演)。
第2弾は2012年9月30日に放送された「危険な斜面」(渡部篤郎さん・長谷川京子さん出演)。

市長死すはおもしろかったんだけど、
危険な斜面は微妙だったので、
この疑惑はどうなるか・・・。

過去に1回映画化、3回ドラマ化されています。
映画は1982年で、桃井かおりさんと柄本明さん。
1992年版は、いしだあゆみさんと石橋凌さん。
2003年版は、佐藤浩市さんと余貴美子さん。
2009年版は、田村正和さんと室井滋さん。

豪華ですね~♪

今回も、美女2人の共演ということで、そこだけでも楽しみですねっ!!


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
松本清張 ドラマ 疑惑 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。