So-net無料ブログ作成
遺品整理人 谷崎藍子III あらすじ ブログトップ

遺品整理人 谷崎藍子IIIのあらすじ [遺品整理人 谷崎藍子III あらすじ]

遺品整理人 谷崎藍子IIIの、あらすじをチェックです。。。

TBSの月曜ゴールデン「遺品整理人 谷崎藍子3」は11/5の21時から放送の予定。
主演は、高畑淳子さん。

◆---◆あらすじ◆---◆

ある日の夜、突然、高級マンションに暮らしている高丸勇一(ガッツ石松)の元に、弟の片山忠雄(大杉漣)が訪ねてきた。
十年前に亡くなった母親が持っていた山林を等分に分けた兄弟だったが、偶然、兄の勇一が相続した所に高速道路が通り、平等に分割した筈だった土地だが、兄弟の明暗を分けたのだ。
勇一は、マッサージチェアに座って、プロ野球を見ながら、忠雄との十年振りの再会を懐かしんでいた・・・。
しかし、忠雄は緻密に立てた計画に沿い、勇一を殺害する。
その緻密に立てた計画とは、決して自分が犯人だとわからない完全犯罪になる筈だった・・・。

数日後、勇一の妻・由季子(佐藤仁美)が夫を殺害した容疑で逮捕される。
不倫が原因で離婚の話しがあった由季子が、勇一が入浴中に持病の心臓発作を装い、感電死させたと疑われる。
由季子は当初は犯行を否認。
だが、裁判が始まると、一転して犯行を認めて、事件は判決を待つだけだった。
事件を担当している三田村刑事(矢崎滋)からの紹介で、遺品整理を依頼された青い鳥社の谷崎藍子(高畑淳子)たちは、勇一のマンションに向かう。
立会いは弟の忠雄だ。
藍子はマンションの中で、何個か気になるものを見つける。
引き出しに隠されていた”SK”というイニシャルの入ったキーホルダーは誰のイニシャルなのか?
そして、短い銅線も。
三田村刑事には相手にされなかった藍子は、社長のスミ子(加賀まりこ)に気になったことを話す。
勇一は阪神ファンで毎試合必ず録画をしていたのだが、勇一が浴槽で感電死したのなら、ブレーカーが落ちた筈で、しかし、その時に放送中だった野球の試合は最後まで録画されていたのだ。
次の日、藍子は勇一のDVDのデッキを持ち、忠雄が勤務している町工場を訪ねるが、藍子の疑問に対して、マジメでおとなしそうな忠雄の目が光った・・・。

その後、忠雄が青い鳥社に里山町にある実家の整理を依頼してきた。
忠雄は母のものは全て処分して欲しいというが、一つだけ「小さな青い鯉のぼり」を探して欲しいという。
実家の整理をした藍子は、柱の傷から忠雄たちにはもうひとり兄弟がいたことを知る。
そして更に、押入れの中から48年前に起きた女子高生殺人事件の新聞の記事を見つける。
なんとその時に逮捕された少年が兄の勇一だったのだ。

そんなとき、由季子に前夫との間の息子・久原俊太(倉本発)がいたことが判明する。
引き出しに隠されていたキーホルダーの”SK”というイニシャルは俊太のことだった。
俊太は忠雄と知り合いで、藍子は、遺品を整理しているうちに、次第に忠雄の完全犯罪に迫っていく!


Cast⇒高畑淳子、加賀まりこ、矢崎滋、大杉漣、ガッツ石松、佐藤仁美、窪塚俊介、ほか


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
遺品整理人 谷崎藍子III あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。