So-net無料ブログ作成
赤い霊柩車30 あらすじ キャスト ブログトップ

赤い霊柩車30のあらすじとキャスト [赤い霊柩車30 あらすじ キャスト]

金曜プレステージの「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車30 前・後編」のあらすじと、キャストです。
人気シリーズ20周年ということで、前編と後編にわけての放送になっています。
放送日は、前編が9月28日、後編が10月5日で、夜21時からフジテレビで放送の予定。

主演は、片平なぎささん。

◆◇あらすじ・前編(9月28日)◇◆

石原明子(片平なぎさ)が社長を務めている「石原葬儀社」に、沢木千草(黒川智花)が入社希望としてやってきた。
明子は、千草のひたむきで真摯な姿勢を気に入り、千草を採用する。
そして、石原葬儀社の大番頭・秋山隆男(大村崑)、内田良恵(山村紅葉)、明子の恋人・黒沢春彦(神田正輝)と共に、千草の実家がある兵庫県たつの市を訪れた。
龍野は老舗の二つの大きな醤油屋を中心に発展した街だ。
二条路醤油会長で二条路家の当主・二条路紅子(草笛光子)を中心にした二条路派と、余木醤油の元社長で余木家の当主、余木良樹(夏八木勲)を中心にした余木派に分かれている。
古くからの人間関係が残る城下町である。
明子らが龍野を訪れた時は、ちょうど名物の「騎馬武者行列」が行われていた。
行列の佳境に差しかかったころ、先頭で行列を率いていた千草の婚約者・二条路信也(塩田貞治)が突然胸をおさえ落馬して、死亡してしまう。
実は、騎馬武者行列で死者が出たのは今年で三年連続だという。
そして、必ずその傍には赤とんぼの折り紙があった・・・。
一体、赤とんぼの折り紙にはどんな意味があるのか!?
明子は連続不審死の謎に挑む!!

◆◇あらすじ・後編(10月5日)◇◆

石原明子(片平なぎさ)が社長を務める石原葬儀社の新入社員・沢木千草(黒川智花)の故郷である、兵庫県の龍野を訪れた、明子と、内田良恵(山村紅葉)、秋山隆男(大村崑)、そして明子の恋人・黒沢春彦(神田正輝)たち。
名物の「騎馬武者行列」が行われているときに、龍野の二大名家の1つである二条路醤油の跡取り息子で、千草の婚約者の二条路信也(塩田貞治)が何者かに殺害されてしまった。

事件を調べる明子と春彦。
騎馬武者行列で死者が出たのは今年で3年連続で、遺体の傍には必ず赤とんぼの折り紙があり、何かの呪いではないのかと噂されていた。
調べていくうちに、千草の出生の秘密が明らかになっていく・・・。
千草の母親は、二条路紅子(草笛光子)の娘で、失踪中のあかねであるという。
信也を殺害した犯人が、信也の親友で腹違いの弟・盛田和夫(木村了)だということを突き止めた。
盛田は、千草のことが好きで、信也を殺して千草を奪おうとしていたのだ。

事件を一端解決して、京都に戻った一行だが、1体の白骨死体が赤とんぼの模様が施された結婚指輪と一緒に発見されたと連絡があり、ショックを受ける千草。
そして盛田が去年と一昨年の騎馬武者行列の殺人事件とは無関係だということが明らかに。
龍野武者行列連続殺人事件はまだ解決していなかったのだ!
赤とんぼの謎は、失踪したあかねを象徴するものだった。
再び京都に戻り、葬儀屋の仕事に戻る一行だが、ひょんな事から赤い霊柩車を探すことに・・・。
赤い霊柩車探しは困難を極めたが、富山に目撃証言があり、石原葬儀社のメンバーは富山に向かう。
千草は富山で一人の女性に出会うが・・・!?

出演者▽

石原明子/片平なぎさ
黒沢春彦/神田正輝
狩矢荘助/若林豪
秋山隆男/大村崑
内田良恵/山村紅葉
沢木千草/黒川智花
二条路紅子/草笛光子
余木良樹/夏八木勲
二条路信也/塩田貞治
盛田和夫/木村了
/石黒賢
/とよた真帆

原作/山村美紗
原作/西村京太郎「龍野武者行列殺人事件」より
原作/石原武龍
監督/本橋圭太


nice!(0) 
赤い霊柩車30 あらすじ キャスト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。