So-net無料ブログ作成
負けて、勝つ 戦後を創った男・吉田茂 ブログトップ

負けて、勝つ ~戦後を創った男・吉田茂~のキャスト [負けて、勝つ 戦後を創った男・吉田茂]

土曜ドラマスペシャル「負けて、勝つ ~戦後を創った男・吉田茂~」のキャスト。
9/8スタートで、全5回です。
NHKで21時~。

〓出演者〓

吉田茂/渡辺謙
ダグラス・マッカーサー元帥/デビッド・モース
小りん/松雪泰子
白洲次郎/谷原章介
吉田健一/田中圭
麻生和子/鈴木杏
柴田達彦/永井大
日野慶子/初音映莉子
鳩山一郎/金田明夫
芦田均/篠井英介
松本烝治/嶋田久作
佐藤栄作/高橋和也
池田勇人/小市慢太郎
近衛千代子/中嶋朋子
広田弘毅/佐野史郎
松野鶴平/石橋蓮司
服部卓四郎/吉田栄作
幣原喜重郎/中村敦夫
近衛文麿/野村萬斎
牧野伸顕/加藤剛

作/坂元裕二
音楽/村松崇継
主題歌/ジョシュ・グローバン「この先の道」

ドラマのサントラ発売中▼


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

負けて、勝つ ~戦後を創った男・吉田茂~のあらすじ [負けて、勝つ 戦後を創った男・吉田茂]

NHK土曜ドラマスペシャル『負けて、勝つ ~戦後を創った男・吉田茂~』のあらすじ。
9月8日(土)スタートで、全5回。21時00分~22時15分。
主演は、渡辺謙さん。

〓第1話 あらすじ 9/8〓

昭和20年8月、厚木飛行場にマッカーサー元帥(デヴィッド・モース)が降り立って、日本占領が始まった。
進駐軍の逆鱗に触れた前任者に代わって、外相に就任したのは吉田茂(渡辺謙)。
戦時中に反戦主義者として投獄された経歴がプラスに作用したのだった。
プライドだけを武器に誰もが恐れた最高実力者であるマッカーサーと吉田茂は対等に渡り合う。
その頃、古くからの友人で元首相・近衛文麿(野村萬斎)は戦犯として追い詰められていく・・・。

〓第2話 あらすじ 9/15〓

マッカーサー元帥(デヴィッド・モース)は、矢継ぎ早に改革を命じた。
公職追放令では大量の閣僚がその職を去って、憲法はGHQの手で改正されることに。
吉田茂(渡辺謙)は、戦犯裁判が近づく中、天皇を訴追から守る為に動く!
そして、選挙に勝った鳩山一郎(金田明夫)が総理就任直前に追放となる。
日本の舵取りを託せる人物は、ただ一人だけだった・・・。
吉田茂は、”戦争に負けて、外交で勝つ”の思いを胸に、総理に就任する。

〓第3話 あらすじ 9/22〓

国民の支持を得られずに、吉田茂(渡辺謙)内閣の人気は急落し、吉田は政権から追われてしまう。
GHQで実験を握る、ケーディス大佐は吉田に私怨を抱き、ライバル芦田均(篠井英介)に肩入れする。
だが、吉田の側近・白洲次郎(谷原章介)は吉田の再登板に向け、密かに工作を始める。
芦田政権は昭電疑獄事件をキッカケに自滅し、マッカーサー(デヴィッド・モース)の支持を取り付けることに成功した吉田は政権に復帰。
いよいよ、念願の独立回復へ狙いを定める!

〓第4話 あらすじ 9/29〓

吉田茂(渡辺謙)は、講和・独立の為、池田勇人(小市慢太郎)をアメリカに送った。
池田はアメリカに、講和後の米軍駐留を認めるという極秘提案を投げかける。
アメリカ政府はダレスを講和の責任者に指定。
そしていよいよ交渉が始まると思った昭和25年6月、朝鮮戦争が勃発する。
マッカーサー(デヴィッド・モース)は吉田に、警察予備隊の設置を要求。
その構想は服部卓四郎(吉田栄作)など、旧帝国軍人の復活を含んでいたため、吉田は猛反発し、再軍備を断固拒否する戦いを始める!

〓第5話(最終話・最終回) あらすじ 10/6〓

再軍備を求めているダレス特使と吉田茂(渡辺謙)との激しい交渉の末、軽武装、日米安保を土台とした講和路線が決定。

その頃、朝鮮戦争で戦線拡大に独走したマッカーサー(デヴィッド・モース)は、大統領との対立を深めていた。

1951年9月8日、サンフランシスコ講和条約締結のその日にたった一人で吉田茂は日米安保条約にサインするが、吉田の心中は複雑だった・・・。
だが、帰国した吉田は国民から称賛される。
そして、退陣を勧める白洲(谷原章介)の意見にも耳を貸さなくなるのだった。


出演者▼
渡辺謙、デビッド・モース、松雪泰子、谷原章介、田中圭、鈴木杏、永井大、初音映莉子、金田明夫、篠井英介、嶋田久作、中嶋朋子、佐野史郎、高橋和也、小市慢太郎、吉田栄作、中村敦夫、野村萬斎、加藤剛、石橋蓮司


すんごい超豪華な俳優さんばっかりですね。凄いメンツ。
絶対見るっ!
おもしろそうっ♪


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
負けて、勝つ 戦後を創った男・吉田茂 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。