So-net無料ブログ作成
検索選択
私は代行屋 晴子の事件推理 ブログトップ

私は代行屋! 晴子の事件推理のキャスト [私は代行屋 晴子の事件推理]

「私は代行屋 晴子の事件推理」のキャスト。

「私は代行屋 晴子の事件推理 バージンロードを奪った殺人犯!謎の遺留品が語る母娘の愛憎!!少女が苦悩する27年前の殺人事件に驚愕の真実!」は、テレビ朝日の土曜ワイド劇場で今日の夜21:00~放送予定。

主演は高畑淳子さん。

○…☆CAST☆…○

葛城晴子・・・高畑淳子
乾寛二・・・ 近藤芳正
吉村彩乃・・・東風万智子
広瀬瑞希・・・小野真弓
菅原夏美・・・烏丸せつこ
星川護・・・小野武彦
岩崎遼平・・・寺井文孝
山内浩輔・・・小林正寛
副島剛志・・・春田純一

脚本・・・松本美弥子
監督・・・赤羽博


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

私は代行屋 晴子の事件推理 あらすじ [私は代行屋 晴子の事件推理]

土曜ワイド劇場「私は代行屋 晴子の事件推理」のあらすじ。
サブタイトルは「バージンロードを奪った殺人犯!謎の遺留品が語る母娘の愛憎!!少女が苦悩する27年前の殺人事件に驚愕の真実!」
8月18日の夜9時からテレビ朝日でやります。

○…☆STORY☆…○

「はあとふるサポート」で代行屋として働いている葛城晴子(高畑淳子)は、訳あって三年前から社長・星川護(小野武彦)の下で働いている。
仕事内容は冠婚葬祭など、依頼主が求める人物になりきって任務を遂行するというもので、モラルに反すること以外なら何でもこなす。

ある日、晴子は結婚式に親族として出席して欲しいという代行依頼を受ける。
依頼主は有名バッグメーカーの創業者の息子・岩崎遼平(寺井文孝)と婚約者の広瀬瑞希(小野真弓)。
瑞希には身内がおらず、披露宴には仕事関係の招待客も多いので、その時だけでもという遼平の身内を含む彼らの意向だ。
当初、晴子は瑞希の叔母になる予定だったが、遼平の従兄・山内浩輔(小林正寛)の提案で急遽母親役に変更になり、披露宴では、遼平の新社長就任も発表される予定で、思わぬ大役を担うことになった。
結婚式当日、晴子は完璧に瑞希の母親になりきり、控え室を出ようとした瞬間、見知らぬ男がいきなり扉を開けて中を覗き込んできた。
晴子を見た男は、怪訝な表情をして何も言わずにその場を立ち去っていってしまった。

結婚式は予定通りに始まったが、会場に姿が無かった山内の刺殺体が客室で発見され、結婚式は中止になってしまった。
山内は年下の遼平が社長に就くことが不服で、デザイナーを引き連れてライバル会社に移籍するという造反計画があったことが判明する。
結婚式の二日前に、山内の自宅を不審な人物が訪れていたことが防犯カメラの映像で判明し、担当の警察官・乾寛二(近藤芳正)は、偶然にも晴子の高校時代の演劇部の後輩で、晴子は人相確認を求められる。
すると、その不審な人物が、結婚式当日に晴子の控え室を覗き込んだ男と同一人物だと告げる。

その男が瑞希の本当の母親を知っている可能性が浮上し、調査の結果、男は暴力団員の副島剛志(春田純一)と判明。
瑞希の実の母・菅原夏美(烏丸せつこ)が副島と偽装結婚で荒稼ぎをしていたということも明らかになった。
夏美の居場所はまだ不明だが、夏美は過去に殺人事件を起こし服役していたという事実まで発覚する。

瑞希は、実の母の衝撃的な過去を知り、次期社長の妻が殺人犯の娘でいいわけがないと思い、結婚を白紙に戻すと言い始める。
瑞希の支えになりたいと願う晴子は自ら夏美の居場所を探し始めることに。
調べていく中で、晴子は、夏美が姑に追い出され仕方なく瑞希を手放したことや、心身ともに弱っていた時に悪い奴につけ込まれ借金まみれになったことなどを知る。
晴子は夏美の居場所を突き止めるが、そこには乾の姿があり、あとは警察に任せてという言葉に晴子は夏美を乗せた警察車両を見送るしかなかった。
夏美は、刺殺現場に落ちていた犯人のものと思われる遺留品をみて動揺する。
何故これが?と言いかけた夏美だが、急に苦しみ出して意識を失ってしまう!!


出演者⇒高畑淳子/近藤芳正/小野真弓/烏丸せつこ/東風万智子/春田純一/寺井文孝/小林正寛/小野武彦 ほか


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
私は代行屋 晴子の事件推理 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。