So-net無料ブログ作成
妻が夫をおくるとき ブログトップ

妻が夫をおくるとき キャスト [妻が夫をおくるとき]

「橋田壽賀子ドラマスペシャル 妻が夫をおくるとき」(月曜ゴールデン/TBS)のキャストです。
7月23日(月)に21時00分から。

出演者。。。。。

私・橋田壽賀子 - 岸本加世子
岩崎嘉一 - 大杉漣
竹田制作助手 - 小泉幸太郎
石井ふく子 - 薬師丸ひろ子
倉石プロデューサー - 中村梅雀
大原医師 - 神田正輝
和田利子 - 泉ピン子

作・脚本 - 橋田壽賀子 
演出 - 荒井光明


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

妻が夫をおくるとき あらすじ [妻が夫をおくるとき]

月曜ゴールデン『橋田壽賀子ドラマスペシャル 妻が夫をおくるとき』のあらすじです。
TBSで今夜21時から。

あらすじ。。。。。

それは余りにも突然のことだった・・・。
岩崎(大杉漣)が59歳、私・橋田壽賀子(岸本加世子が63歳の秋のことだった。

岩崎が55歳で定年を迎えたと同時に、ある病気で大手術をした。
その後、リハビリに1年以上もかかり、やっと夢だった畠作りをしながら好きな仕事をやりたいと、自分の会社も起こして東京と熱海での暮らしを始めた頃だった・・・。
岩崎は胸の痛みを訴えていて、私は病院での検査を勧めたが、畠仕事を難なくこなしている岩崎の姿からは大病の心配など微塵も無いように思えた。

だが、検査から帰った岩崎は、「左の肺に影があるらしいので、検査入院しろと言われた」という。
健康診断から三ヶ月の出来事で、もし癌だとしても手術で治るものだと思っていた。
病院への付き添いも、大河ドラマを引き受けた君は一日も無駄にしてはいけないと、岩崎から明るく断られていた。
そんなある日、珍しく東京に原稿を届けに行った私が、大河ドラマの制作助手の竹田君(小泉孝太郎)に岩崎の入院のことを言うと、一緒に病院へお見舞いに行くという。
病院で明るく二人を出迎えた岩崎とは裏腹に、担当の大原医師(神田正輝)は本人に検査結果を報告する前にと、残酷な検査結果が伝えられる。
岩崎は手術できない癌で、持ってあと半年だという。
病気と戦うことも出来ず、延命しか残されていないと知った私は、岩崎に告知はせず、隠し通すことを選択するのだった・・・。


出演者⇒岸本加世子、大杉連、中村梅雀、小泉孝太郎、薬師丸ひろ子、神田正輝、泉ピン子


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
妻が夫をおくるとき ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。