So-net無料ブログ作成
検索選択
西村京太郎 鉄道捜査官 ブログトップ

西村京太郎 鉄道捜査官13 犯人 [西村京太郎 鉄道捜査官]

5/5にテレビ朝日で放送された土曜ワイド劇場「西村京太郎 鉄道捜査官13」の犯人のネタバレ。

堀場達夫(寺泉憲)と雨宮慎一郎(古澤蓮)を殺害したのは、金谷俊一(岡田浩暉)。
松田由紀(宮地真緒)を襲ったのも金谷。
で、それを指示したのが、吉竹弓枝(宮本真希)。
弓枝を使用したのは、佐藤謙(小木茂光)。

でした。

おもしろかった!
犯人っぽいなと思った人がみんな犯人とか。。

次回も楽しみです♪♪


出演者▼

花村乃里子・・・沢口靖子
野川一郎・・・筧利夫
立花広太郎・・・金子昇
内海早苗・・・大塚千弘
望月春樹・・・長谷川朝晴
手塚真理絵・・・山村紅葉
吉竹弓枝・・・宮本真希
松田由紀・・・宮地真緒
佐藤謙・・・小木茂光
金谷俊一・・・岡田浩暉



nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

西村京太郎 鉄道捜査官13のあらすじとキャスト [西村京太郎 鉄道捜査官]

テレビ朝日の土曜ワイド劇場のドラマ「西村京太郎 鉄道捜査官13」のあらすじとキャストをチェック!


>>>『西村京太郎』関連アイテムの口コミ感想の一覧


■■■あらすじ■■■

花村乃里子(沢口靖子)は、警視庁鉄道捜査隊東京駅分駐所に所属する鉄道捜査官である。
ある日、乃里子は栃木県警から後輩の捜査官・立花広太郎(金子昇)の身元確認の電話を受けて驚く。
立花は非番の日に、SL列車が走る「真岡鐵道」の写真を撮りにでかけた。
すると、土手の下で後頭部から出血していた若い女性・松田由紀(宮地真緒)が倒れているのを発見する。
そしてその犯人ではと間違えられてしまったとのこと。

調べによると、由紀はその日の朝、東京都内に住んでいる恋人の雨宮慎一郎(古澤蓮)のところから栃木県内の自宅に戻ったばかりで、立花から連絡を受けた乃里子と望月春樹(長谷川朝晴)が事情を聞きに雨宮のマンションへ向かうと、雨宮は刺されて殺されていたっ!

病院で意識を取り戻した由紀は、知らない男に襲われて、逃げる時に途中で土手から転落したという。
しかし栃木県警は、別れ話の末に由紀が雨宮を殺害し、その後、自殺未遂を図ったのでは?と由紀を疑う。
立花は、恋人の死に大きなショックを受けている由紀の様子を見て激怒する。

由紀が無実を主張していることを聞いた乃里子たちは独自に捜査を開始。
 
殺された雨宮は情報屋で、社会派ノンフィクション作家・佐藤謙(小木茂光)の「下調べ役」だった。
佐藤は雨宮を知らないと言うが、雨宮の仕事仲間の金谷俊一(岡田浩暉)によれば、ファッション業界の陰の実力者・堀場達夫(寺泉憲)の実態を暴露しようと、雨宮に堀場の下調べを依頼していたことが判明。

堀場は警視庁捜査二課の元捜査官で、表向きは「堀場プロダクション」という会社を経営していたが実態は全くの謎だった。
以前、同僚だった分駐所課長・野川一郎(筧利夫)によれば、堀場は職務で入手した情報をネタに恐喝を繰り返して、巨額の裏金を得ていたが、そのことは警視庁上層部によって隠蔽され、堀場は依願退職という形で警察を去ったという。

乃里子は、野川と一緒に、堀場社長を直撃する。
堀場は気さくな人柄だが、由紀の名前を出した瞬間、表情が少し反応したのを、乃里子は見逃さなかった。
そんな時、佐藤に連載を中止しないと死ぬことになると、脅迫状が届いた。
その脅迫状は堀場からだと思われたが、佐藤は堀場プロダクションの「創立10周年記念イベント」に招待されて、会場の真岡鐵道に乗り込んでいた。

乃里子たちは佐藤の警護の為、同乗するが、第2の殺人事件が発生する!


■■■出演者■■■

花村乃里子:沢口靖子
野川一郎:筧利夫
立花広太郎:金子昇
内海早苗:大塚千弘
望月春樹:長谷川朝晴
手塚真理絵:山村紅葉
吉竹弓枝:宮本真希
松田由紀:宮地真緒
佐藤謙:小木茂光
金谷俊一:岡田浩暉

原作:「北能登殺人事件」 西村京太郎
脚本:田上雄
監督:村川透




放送日時は、2012/5/5(土)21時00分から。


前作の12弾の放送は去年の4月30日だったので、約1年ちょっとぶりですね。
けっこう空いた感じなので新作楽しみ!



nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
西村京太郎 鉄道捜査官 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。